偶発的導入.1の章

 当たり前に思っていた事があった。
 あの頃は、分からなかったことです。
 でも、それは何か特別な事じゃあない
 ただ、いつも一緒に居たかっただけなのです。
 ある日を境に、いつの間にかあなたは遠くなってしまった。
 当たり前は当たり前じゃあなくなってしまいました。
 でも、それが恐ろしくてしょうがないのです。
 ただ、いつも一緒に居たかっただけだったのに・・・

 目的は、ただこの世界に悪意をぶちまけること。その一点だけを目的として、静かに活動を開始したのでした。
 そこは、人通りのほとんどない寂れた地方の商店街。不況のあおりを受けて、屋根についていたアーケードの維持費すら捻出できず、とうとう青空市のようになってしまったもの悲しい商店街でした。街灯だってもうありはしないので、夜に(とくに深夜にでも)なるともう、そこは何も見えない闇の中です。
 闇は、醜いものを隠してくれます。
 だからこそ、取って置きの悪意をそこにため込む事だって、実は可能でした。
 そうしてため込んだ、もうどうしようもない程の絶望的な悪意をその場所から、世界に向けてぶちまけたかったのです。
 そうする事できっと、この世界で見殺しにされる「てて無し」の子どもの数は100倍に増え、老人は虐待され、身体障害者は駆逐される。そんな理想的な世界が始まるのです。

 彼は、世界から「光を愛せざるもの」と呼ばれ、一部では熱狂的に愛され、また一他方では絶望的に忌み嫌われました。
 「メフィスト・フェレス」と、そして「悪魔」と通俗的には呼ばれていました。
 しかしそうであっても、実はそんな事など、何の悲しみにも及ばないと彼は考えていました。彼は、ただ「いつも一緒に居たかっただけ。」なのです。それは、彼でなくとも、どんな誰であろうとも、この世界に生まれ、そうして生きていく中で、一度は必ず誰かに向けて抱く感情の中のひとつ。それも、全体から見るに実に陳腐な感情だったはずです。
 その感情を持つことは、どんな人にあっても、全く責められるものではありませんでした。
 それが例え、彼のような一他方で絶望的に忌み嫌われている存在であったとしても。

 数ヶ月前、メフィスト・フェレスは、ゲーテの記した通り、人間の魂ひとつを目的として、その少女のもとへと、舞い降りました。しかし彼は、ゲオルグ・ファウストがこの世に呼び出した悪魔ではありません。はるか昔より、永の年月をこの世界で存在し、そうして、人間の魂を条件に、その人間の欲望をかなえ続けてきた悪魔でした。
 ある時は、海に飛び込み死んだ少女を深海の底で女王にしたり、またある時は、誰からも愛されずそのコンプレックスから自らの子宮を引きずり出した醜い少女に恋人を見繕ったり、またある時には、愛する人の血肉になりたいと切望する少女の体を切り刻み調理した事だってありました。
 そうして、願いをかなえた暁に、魂だけを胸に抱え、少しばかりの芳情の念と共に、次の人間の元へと行くのでした