第二十九話 終わりの始まり(後藤健二)

 ───リザに殺されかけた。
 ポーンとLINE通知音が来たのでスマホ画面を見たら、和宮からそんなことを言っていたので思わず笑ってしまった。
 ───当たり前だろ、お前馬鹿か? あの後素直にデビバス号に戻っちゃったのかよ? あのイカレ聖職者コンビを裏切ったんだからそらそうなるだろ。
 と、返信してやると、和宮から┐(´д`)┌ヤレヤレという顔文字が送られてくる。
 ───余裕あるじゃん。何とか逃げおおせたんだな? これからどーすんだよお前。
 ───行きつけの店の嬢と仲良くなって外で会うようになってる。とりあえずはその嬢の家にでも匿ってもらう事にする。
 ───マジか。どこまで風俗マスターなんだアンタ。
 ───今度良い店紹介してやろう。
 ───マジか。頼むわ。ああでもケツ穴弄られる系は趣味じゃねーんだが…。(ガクブルスタンプ)
 ───新たな世界を見てみたいとは思わんのか?(オオカミが舌を舐めるスタンプ)
 ───いやー俺はおっぱいがあればいいんだ。(おっぱい!いっぱい!なスタンプ)
「誰とやり取りしてるの、堅悟くん!?」
「おわぁっ」
 LINEのやり取りに夢中になり、俺の頬に吐息がかかるほど近づかれていた。佐奈が愛くるしい大きな瞳を輝かせて俺のスマホ画面を無遠慮にのぞき込んでいる。キラキラと無垢で子供のような好奇心に満ちた瞳は、たちまち年頃の女子高生が父親のパンツを洗濯機に一緒に入れないでよ!と言ってる時のような色に変わっていくが。
「サイテー…」
「うるせ」
 舌打ちし、俺は立ち上がる。
「ちょっと煙草買いに行ってくるわ」
 このアトランティスの事務所は安全ではあるが、洞窟にこもる蝙蝠には羽根を伸ばす時間も必要じゃないだろうか。
 ただでえ、ここのところリリアックとしてデビルタワーを襲撃したり、イカレ聖職者どもと大立ち回りしたり、激しい戦いの連続だったのだ。
 俺は事務所を出て、一人でブラブラと駅とは反対方向のちょっと寂れた方に向かった。
 煙草はすぐ近くのコンビニで買えるので、完全に遊びに行く目的である。
 まずに飯にするか。
 好物の激辛麻婆豆腐を思いっきりかっこみたい気分だ。
 最近は一緒に暮らしている翼ちゃんが飯を作ってくれているが、あいつ甘党だから麻婆豆腐とか絶対作ってくれないのだ。
「チンさんのとこにすっか」
 陳満軒という中国料理屋がある。
 在日歴二十年というが未だに日本語が怪しい陳漫湖という中国人がやってる。
 本場の広東料理を出していて、麻婆豆腐も本場仕込みでかなり辛くて舌が痺れる。
 あと裏の仕事もやっていて、そっちでもリリアックはお世話になっていた。
 駅前から結構離れた寂れた住宅街。
 スラムのような雰囲気が漂う(実際スラムだったが、現在は少子高齢化による住民の流出が相次いで廃屋街になっている)あたりに来る。
 こんなところでやってる飯屋がまともなはずはないのは言うまでもない。
 屋根も壁もボロボロで、看板だけが風俗店のようにネオンサインをギラギラと光らせる陳満軒が見えてくる。
 ギギギと軋む建付けの悪い扉を開け、俺は中に入る。
「イラッシャイ~」
 白髪交じりの五十代ででっぷりと太った中国人の男、陳漫湖が出迎えてくれる。
「ふがふがふが!」
 異様な光景がそこにあった。
 デビバスのメンバーの……何という名前だったのか忘れたが、とにかくちょっと生意気そうで良いケツをしたギャルがいたのは覚えている。そのギャルが猿轡を噛まされ、縄で手足を縛られ、天井から宙づりにされているではないか。
「子猫ちゃんが迷い込んだので料理をするところだったネ」
「だいぶでかい猫だな」
 構わず、俺は席についた。
 ランチタイムというのに客は俺一人しかいない。
 当たり前だろう。床には客が見えている範囲にゴキブリやドブネズミまでがうろちょろしているような店だ。壁のあちこちに穴が開いていて、そこをネズミが齧って出入りしている有様である。
 そんないい加減な飯屋がなぜ長年潰れずに存続しているのかといえば、おぞましい理由があって…。
「で、あの子猫ちゃんはなんでまたここに迷い込んだんだ?」
「多分、あんたたちとワタシが仲良くしてるという情報を手に入れて調査に来たんじゃないかネ? いい迷惑だヨ」
「あー……まぁ、そりゃ調べるか、英雄サマなら。ご迷惑おかけして申し訳ないです」
「面倒だけど処分するしかないよネ」
「ですねー。あ、麻婆豆腐頼んでいい? 陳さん」
「好きだネ、麻婆豆腐。分かったネ。作ってあげるからチョット待つヨロシ」
 陳さんはこう見えても歴戦の準悪魔である。どういう能力を持っているかも謎であるが、とにかく昔は装甲三柱に匹敵する強さを誇ったという古強者なのだ。
 ただ現在はまったく準悪魔としては活動しておらず、非正規英雄と戦ったりもせず、人間・陳漫湖として生活している。どこの準悪魔組織にも加担しない中立の存在。戦いから身を引いて久しいというが、今でも四大幹部レベルの強さはあるだろう。つまりはそれだけの戦力を持ちながらの悠々自適のリタイア生活。
 リリアックとしても戦力拡充のために仲間に引き入れようとスカウトはしたが、断られた。しかし、たまにこうして友好的に接していると色々と協力的にはなってくれる。
「で、豚の餌にすんの?」
 麻婆豆腐をかっこみながらそう言うと、鹿子の顔色が変わった。
 そうそう、このギャルそういう名前だったのだ。
 激辛麻婆豆腐のスパイスのおかげで頭の血の巡りが良くなったのか、やっと思い出せた。
 陳満軒が存続できている理由は、死体処理施設として営業しているからである。
 素人なんかが思わず衝動的に殺人を犯したりなんかすると、その死体の処理に困ることとなる。人間の死体を完全に隠してしまうのは難しい。そこでこの店の出番というわけだ。
 ギ。ギギギイ…。
 鉄の軋む音が響き、店の中央の床が売女の股のようにはしたなく割れていく。
 猛烈な異臭、獣臭さが漂った。
 床の下には無数の豚がいた。ブヒブヒと盛っており、餌が落ちてくるのを待ちかねている。
 鹿子は眼下に広がる光景に青ざめている。
 死体を豚に食わせて処分すれば、血も骨も残らない。
 豚の餌はこの町には腐るほどあるので、飼育費も大してかからない。
 死体処理を完璧な仕事で請け負ってくれるこの店には、あらゆる犯罪者から多大な報酬が支払われている。
 まったく良い商売だ。
 鹿子は涙目になってジタバタと暴れているが、それでどうにかなるものでもないし、下手をすれば縄がちぎれて豚の餌になるのが早くなるだけだ。
 少しだけ見知っているから可哀想な気分にもなるし、ちょっと可愛いギャルが豚の餌になるのを見るのは嫌な気分でもある。
「なぁ、陳さん。ちょっとだけこのギャルと話させてもらってもいいか? 俺こいつとちょっとだけ顔見知りでさ」
「いいアルヨ」
 陳さんはひゅっと無造作に中華包丁を投げる。それが鹿子の猿轡を切って落とした。もうちょっと逸れてたら鹿子の頭がぱっくり割れていたところだった。
「あ、あ、あ……あんたたちぃ!」
 ようやく口が開けるようになった鹿子はありったけの罵りの言葉を浴びせてきた。
 そんな事を言っていられる立場でもあるまいに。
「気がすんだか?」
 俺は呆れてつぶやくが、無表情で言ったのが怖く聞こえたようだ。鹿子が青ざめている。
「なぁ、鹿子って言ったか? お前も豚の餌になりたきゃねーだろ?」
「あ、当たり前よ!」
「じゃあどうしたらいいか分かるだろ? けったくそ悪ぃ上級天使どもや、リザの言いなりになって戦う今の自分に満足しているのか? 和宮みてぇに自由になりたいとは思わねぇのか?」
「そんなこと言ったって…」
「契約のことだろ? 和宮から聞いたぜ。俺を殺そうとするのをやめたら、自分が命を落とす契約なんてしちゃったんだってな。けっ、それが非正規英雄同士の契約とやらだってな。忌々しいことだ」
「……和宮は、何で、自由になったの?」
「分かるだろ? 俺の力のおかげだ」
「エクスカリバーの…絶対切断…」
「そうだ。俺だけがお前を救ってやれる。もうあんなくだらねぇ組織なんて抜けろよ。俺の愛人にでもなればいい思いさせてやるぜ?」
「だ、だ、誰があんたなんかに!?」
「冗談だ。んで、どーする?」
「この状況……選択の余地なんて無いじゃない…」
「だな(笑)」
 こうして、鹿子はあっさりと俺の手に堕ちたのだった。