寂しい人と無冠の帝王

 突然なのだが俺は、山ガールことアキコの実家にいて、その居間のソファに沈んでいる。
 そして、アキコの兄が生前愛用していたチャンピオンのスウェットを着こんでテレビに映るニュースを眺めている。しかし、その情報はほとんど頭に残らない。
 この一日を思い返せば仕方のないことだ。
 どうして今、アキコの家に上がり込み、こうしてくつろぐことになったのか。それは勿体ぶる様な話ではない。

 時を少し遡ると、大学生たちの件が片付き、ようやく落ち着くことが出来ると思い自宅のドアを開ける。そして、いつものように部屋の灯りを点けるため、電灯の紐を引く。が、電灯は光らない。
 手際が悪かったのだろうかと何度か紐を引くが反応が無い。悪い予感がして他の電化製品をいじるがやはり反応が無い。なるほど。
 電気が止められている。
「おかしいな。ブレーカー落ちてんのか?」そう言って俺は一先ず誤魔化すが、何の解決にもならない。
 更にブレーカーを確認するふりをして、「あれ?」と声をあげてみたりもする。
「電気、止められてるんじゃないの?」アキコも状況を悟ったらしい。
「そうなのかな?」
「なにその反応は。変な芝居しないでよ」
 見透かされている。
 恥ずかしさがどんどん押し寄せてきて、顔が熱くなる。なんだ?電気会社は元日も営業してるのか?大したものだ。変なタイミングで変な疑問が湧く。
「そのようだ。しばらく電気代も払っていなかった」
 最初から白状していればいらぬ恥をかくこともなかっただろう。
「それならさ」アキコが口を開き少しもじもじして、「ウチくる?」とこぼした。

 勿論、行く行く、などと即答してはいない。浅はかな自尊心が邪魔をして、無駄な葛藤の末に、「頼む」と俺は頭を下げた。
 何でこんなことになったのか。完全に自分のせいである。そしてアキコには盛大に感謝するべきである。
 ここで、アキコの家について話しておくと、江東区にある随分と歳月を経た平屋の一軒家だ。数年前までは兄と二人で、更に数年前は家族揃って暮らしていたのだろうが、アキコ一人には広すぎる家だった。さぞ寂しい思いをしただろう。
「相棒スペシャル始まっちゃうよ」居間へ来るなりアキコが言い、運んできたお茶と菓子類をテーブルに置くと、さっさとテレビのチャンネルを変える。
「女子高生は?」
「もう寝ちゃったよ」
「そうか」
「じゃあ、集中するからね」
「これからの話し合い、するんじゃないのか?」
「明日にしようよ、もう疲れちゃったし」
 確かに、随分と疲れてしまった。思考も鈍くなっているのが分かる。
 テレビから聞こえてくる水谷豊の声を聞いていると、眠気が差した。
 やっとで、落ち着くことが出来た。そっと目を閉じて、ゆっくりと一日の出来事を思い返す。そして未だに悪い夢の中にいるような、気分に包まれる。悪い夢の中心は、当然、女子高生である。余計な事を考えず、さっさと警察に連れていくべきだろうか。
 

「ねえ、起きてよ。相棒終わったよ」
「そうか」二時間ほど寝ていたらしい。頭が痛い。
 アキコに引っ張られるようにして寝室へ移動すると、そこは畳の部屋だった。部屋の隅っこには女子高生が仰向けですやすやと寝息を立てていた。
 その隣には更に二人分の布団が敷いてある。
「豊は真ん中だよ、一家の長だからね」
「いつから家族になったんだ」そう言いながらも俺はさっさと従う。
 アキコが灯りを常夜灯に替えて、俺達は横になった。
 とにかく明日からは忙しくなる。女子高生の件と、本業の件、どちらから先に手を付けるべきか。ただ、女子高生の件については対処法が全く浮かばない。
「ねえ」
「なんだ?」
暗くなって五分程してアキコが口を開いた。
「お兄ちゃん」
「俺はお前の兄貴じゃない」
「たまには、抱きしめてよ」
 なんだこいつは。寝ぼけているのか、おかしくなったのか。それとも妄想の世界に浸ってみたくなったのか。
「お前、いくつだよ」
「子供みたいだって言うの?分かってるけどさ」
「違う。年齢次第では、犯罪になるんだよ」