2

「とりあえず、お前がふざけているってことは分かった」
「ふ、ふざけてなんかないよ! 本当だってば!」

振り向いて、胡乱気な目を睥睨に変えた少年あきらは、少女あきらを明らかに警戒する。
せっかく助けた相手がこちらをおちょくってくるのであればこの態度も当然かもしれないが、少女あきらは至って真面目な受け答えをしているだけであり、全くふざけてなどいない。
その証拠に。

「だって今、ハモったじゃん! なんで私があなたのおばあちゃんの名前を知っていると思うの?」
「さっきそれはお前が自分で言っただろ? 『私を知っていてふざけてるのか』って。お前がそうなら辻褄合う」

どうにか少年あきらに信じて欲しくて、少女あきらは声を張り上げる。
何故こんなことになってしまったのかは全く想像がつかないししたくもないしできないが、なってしまったものはしょうがないのだ。
本来であれば、今頃イツの家への帰路について、手ぶらで歩いているはずだったのに。
ただすいかを冷やしに来ただけのはずが、一体全体どうしてこんな事になってしまったんだろう。
そんなことするメリットが、私にあるわけないじゃない!
そう言いたい気分だった。

「私はあなたの事なんて知らない! そもそもこんなド辺鄙な田舎町に――ッ」

言いかけて、口を噤む。
先程、『言ってはならない』と思って飲み込んだ言葉が、感情という鍵によって施錠を解除され、飛び出してきてしまった。
怒り、悲しみ、不安、色々なものがごちゃ混ぜになって、少女あきらの心を乱す。
その言葉に、少年あきらは遂に睥睨から呆れたような目へと色を変えた。
変わらない夏の日差しだけが、二人を見下ろしている。

「『田舎町』、ね。なるほど、じゃあもう一つ確認だ。お前の『東京の住所』を言ってみろ。それ次第では、お前が『朝倉あきら』であると、信じてやってもいい」

すぅと目を細め、どこか品定めするようにすら思える視線。
唐突に課せられた課題。
ざあ、と風が二人のあきらの間を通り抜け、木々を揺らして木の葉が擦れる音がする。
ついさっきまでは楽しめていたはずの夏の匂いが、今は不安感を煽った。

しかしその答えは持ち合わせていたし、簡単だ。
少女あきらは、忘れるはずもない東京の自宅の住所をすらすらと答える。
それを聞いた少年あきらはと言うと、肩を竦めてやれやれとでも言いたげなポーズを取った。

「……分かったよ。どうやら俺はお前で、お前は俺らしい。どういうことかは分からねぇけど、お前が俺なら放っておくのは人道的じゃないな」
「……ねぇ、わざわざ『東京の住所を言ってみろ』なんて……ほんとは、あなたも同じこと考えてたんじゃない」
「さぁな」

少女あきらの推測は、答えを求めたものの要求通りの返事は無く。
だがとりあえずこれで少年あきらは少女あきらの味方に付くと決めてくれたようだ。
少年あきらは小石の転がる河原を林のほうへと歩いて行くと、日陰に置かれていた――ビニール袋入りのすいかを持ち上げる。

「え、あなたもすいかを冷やしに?」
「そうだよ。午前中に冷やしに来て、取りに来た。今たぶん2時半くらいじゃね? どうせだしうちで食ってけよ。今後について色々話し合いたいし。……名前がどっちもあきらじゃ紛らわしいな」

同じ自分なのだから、同じ行動をしていたのもおかしくはない。
が、いざ目の当たりにすると不思議すぎてどうリアクションすればいいのか分からなかった。
その割にはどこか淡々としていて冷静に見える少年あきらは、とりあえず二人を区別する名前が欲しいという意思表示をする。

「わかな」
「は?」

やにわに発せられた人名とおぼしきものに、少女あきらは目をぱちくりとさせた。
すいかを軽々と持ち上げて抱えた少年あきらは、説明するような口調で続ける。

「だから、お前の名前。『あきらか』の反対は『わからない』だろ。だから、わかな」
「うっわテキトー……でもまぁ、あきらくん……の家にお邪魔するのに私もあきらじゃおかしいよね。分かった。私はここでは『わかな』ね」
「くん付けとか要らねぇよ。気持ち悪ぃ」

あきらはあきらで『もう一人の自分』に出会ったという怪現象に何かしら思う事があるのか、『気持ち悪い』と一刀両断したがそれはさすがに少女あきら――わかなの神経に触れた。
林の中へと消えて行こうとする、淡いグレーのVネックTシャツの背中に思い切り声を張り上げる。

「こんっの……馬鹿!」