「ちよ、起きろ!ほら、ちよ。」

ある朝の事。
お父さんがちよちゃんを慌てたように起こしています。

「うー…」

ちよちゃんはまだ起きたくないと言うように、頭までお布団をかぶりました。

「ちよ、起きろって。外、雪降ってるぞ!」

「ゆき…?」

雪という言葉に反応して、ちよちゃんはお布団の上に起き上がりました。
そしてふらふらと立ち上がると、これまたふらふらと窓の方に近寄りました。

「ちよ、目閉じたまま歩いちゃ危ないって。」

お父さんが優しくちよちゃんを支えます。

「…わぁ」

窓枠につかまって、眠い目をこすると、窓の外には大粒の雪が舞っていました。

「ちよ、見えるか?」
「うん、ゆき」
「ちよ雪好きだろ?」
「うん」
「外行って見るか?」
「うん」
「よーし、じゃあまず着替えないとな。」



お着替えをすませてちよちゃんは、お父さんと一緒にお庭に出ました。
雪ははらはらと、ちよちゃんのかみの毛に、体にとまっては消えてゆきます。
「きれー…」
「ほら、上ばっかり見て歩いてると転んじゃうぞ?」
「はーい」
ちよちゃんは立ち止まって、空を見上げました。
そんなちよちゃんの肩を、かみさまがぽんと叩きました。
「なぁに?」
ちよちゃんが振り向くと、かみさまは空を指差しています。
「ゆきでしょ?」
そういってまた空を見上げたちよちゃんの鼻先に、ふわりと舞い降りたものがありました。
それは小さな、真っ白い羽でした。
「あっ」
よく見ると、今までふっていた雪は、すべて真っ白な羽に変わっています。
ちよちゃんは口をあけたまま、その光景に見とれていました。

そんなちよちゃんを見つめながら、お父さんは複雑そうな顔で笑っています。
そして、「積もっちゃうかなぁ…」と呟き、時計に目を落としました。

その時、お父さんの口からこぼれた真っ白なため息は、
景色を少しかすませてから、じわりと空気に溶けてゆきました。